ホラー玩具工場2F

この物語は、硝化の空マスター、嵐の平凡な生活を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。後部屋は明るくして、モニターから30mは離れて見やがってください。

 
HOME旅の記録やっぱり微妙な出来栄え・・・
◆2016.04.13(水)◆
旅の記録│posted at 02:38:05
2件目へ。

2件目はすぐ横にあるので、移動はわずか2分程度。

ここは5年前と比べてそこまで変化はありませんでした。

やけに湿っているという不気味な点以外は・・・。


P1010081_1_20160413012830465.jpg


P1010088_2.jpg
中は落書きだらけ。5年前になかったものなので、その手の人が描きに来ていたのでしょう。
こういうの描ける人って、美術系の仕事でもしてるんだべか・・。


P1010091_2.jpg
中は残留物はほぼなし。
5年前に自分が書いた記事にもそんなことが書いてあったので、その点は変わらない様子。
もともと部屋数が少ないので昔も似たような構図で撮ってましたが、やはり当時はコンデジで今は12-40のズームなので、角度も画質も大幅に違いますね。


P1010099_2.jpg
当時唯一の残留物だったらしい椅子。
今も変わらず、そこに在り続けてました。


5年前の写真はこれ
DSCN3494.jpg
フッツ~・・・。



P1010103_1.jpg
1Fへ。
ここでも絵がたくさん。
ほんとお上手だ事で。


P1010105_1.jpg
二つの扉。
このカットが1番好きかも。


5年前は落書きがなかったようです。
DSCN3509.jpg



P1010107_1_20160413013110f0d.jpg
こう、空間が広いと広角レンズが生きるのでいいですね。
このカットは8,5mmのほうがよかった気がするけど、ここだけのために付け替えるのもなんかry
こういうときは7-14mmのズームほしいな(;´∀`)


P1010110_1_20160413013109eae.jpg
5年間の間に結構ヤバイ強さの台風とかあった気がするんだけど、
まあ人がいなくなっても建物は建物、早々壊れることはないようで。


P1010112_1_20160413013109e76.jpg
とか思ってたらそうでもなかった。
このサイズの窓ガラスが割れてるって怖いっすね・・・。
くぐろうとしたときに上のガラスが落ちてきて首がスパン――なんてのを想像したらこれ以上近寄れんかった。


P1010120_1.jpg
最後に屋上への階段をとって終了。屋上はボイラーとかしかないんで放置┐(´д`)┌


ちなみに5年前、まったく同じような写真を撮ってたようです。
DSCN3488.jpg
雲泥の差。

これがデジカメとミラーレス一眼の違いですわ。


この後は昼食をとって、3件目へ。

3件目は初めての場所でしたが、正直微妙でした。別にいかなくてもよかった気がするLVに・・・。

まあせっかくなので次回公開いたします。


P1010180.jpg
と、3件目に行く前に撮影した富士山。
思ったよりは綺麗に撮れたかにゃ?


P1010184.jpg
相棒も見上げていたので背後から一枚。

富士山入ってねぇ・・・(;´Д`)

コメントを書く

* コメントを編集・削除する場合には、暗証番号の入力が必要です。
* 「秘密」にチェックを入れると管理者のみその内容を読めますが、編集・削除はできません。
* 質問にはURLを記入お願いします(なるべく症状の分かるもの)。
:
:
:
:
:
:  削除や編集のときに必要です。
:  管理者にだけが読むことができるようにします。

コメント♪

トラックバックURL・リンクURL

* TB用のURLとテキストリンク用のタグです。必要に応じてお使いください。
* ブログの環境設定によりTBは一旦承認してからの表示になります。
* 関連性が低いものなどは、管理人の判断で公開を控える場合があります。

トラックバックURL

リンクタグ

トラックバック♪

マイフォト

迫り来るあれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

 copyright © 2005-2006 ホラー玩具工場2F All Rights Reserved.
 Template Desain by bluenight.